ブランド選びや形で着心地は大きく変わる!

OriginalCasualWear

オリジナリティのあるTシャツを着よう

最もポピュラーな衣服のTシャツ

衣服と一言で言ってしまうと、その種類は非常に多くなってしまいますが、一般的に私達が着るのはTシャツやYシャツ、ジャケットなどの洋服でしょう。特にTシャツは、着たことが無い方はほとんどいないと言っていいくらいポピュラーなものとなっています。価格も安い商品がかなり多く販売されていることから、Tシャツを買う際にはこだわりを持たず、ただ店に置いてあるものを買っているという方も多いのではないでしょうか。

デザインから値段まで、Tシャツはピンからキリまであります

Tシャツは非常にバリエーションが豊富で、単色のものから複雑なデザインがプリントされたものまで種類は多岐に渡ります。価格もワンコイン程度の安価なものから、1万円を超える商品まで存在しています。ギルダンやプリントスターなど数多くのブランドがTシャツを販売しているため、選択肢の幅はかなり広く、選ぶのに困ってしまうこともあるでしょう。

お気に入りのブランドを見つけよう

何気なく買っている方も多いTシャツなどの衣服ですが、実はブランドごとに形が異なっています。同じサイズでも、ブランドごとに腕周りや胴回りなどのフォルムが大きく違っていることがあるので、自分のお気に入りブランドを見つけておくと良いでしょう。

バリエーション豊富なオリジナルTシャツ

お気に入りのブランドTシャツにオリジナルプリントを施し、個性的なTシャツを作ることも可能です。基本的な半袖から七分袖、長袖にVネックタイプのTシャツまで様々なTシャツをベースに使用できるので、デザインの幅はかなり広いと言えるでしょう。

オリジナルTシャツを注文する流れ

ベースとなるTシャツを選択する

オリジナルTシャツを注文する際に、まず最初に選ぶのがベースとなるTシャツです。Tシャツの形しか選べない業者もあれば、ブランドから選ぶことが可能な業者まで存在しています。上記のブランドの特徴を参考に、用途にあったTシャツを選ぶと良いでしょう。

トータルの見積もりを出してもらおう

ほとんどの制作業者では、本格的なTシャツ制作を依頼する前に見積もりを出してもらうことが出来ます。オリジナルTシャツはベースとなる素材やプリントの質、特殊な加工や納品先などの項目によって料金が変化するので、予め見積もりが出せると安心でしょう。

オリジナルデザインを納品しよう

自分でTシャツ用のデザインを用意している場合には、そのデザインを制作業者に納品して完成後のイメージを確認しておきましょう。もしデザインを用意していない場合には、業者から用意されたデザインテンプレートを選んで自分好みの完成図を作成すると良いでしょう。

用途に応じて納品先を細かく選択できます

Tシャツを注文する際の納品先指定は重要です。例えばイベント用などに発注する際、自宅に納品してもらうよりイベント会場にそのまま納品してもらったほうが手間が省ける場合もあるので、用途に応じた納品先を選びましょう。店頭型のサービスも行っている業者であれば、直接来店して受け取ることも可能です。

入金方法・入金のタイミングは業者によって異なる

全ての指定が完了した後は、入金して受取となります。入金が先か受け取ってから入金かは業者によって異なるので、予め確認しておくことが大切です。また、支払い方法も業者によって異なるので、自分にとって楽な方法を選択すると良いでしょう。

広告募集中