個性のあるTシャツが作れます

OriginalCasualWear

オリジナルTシャツの用途ランキング

no.1

学校で大活躍クラスTシャツ

オリジナルTシャツの用途の中でもかなり多いのが、クラスTシャツとしての利用です。クラスTシャツはクラスごとに違う服を着用することが出来るだけでなく、思い出の品として卒業後も大切に出来る特別なTシャツです。

no.2

企業や団体用オリジナルTシャツ

企業や団体が、仲間同士で士気や一体感を高めるためにオリジナルTシャツを制作することがあります。このような経緯で制作したオリジナルTシャツは、レクリエーションの際の着用やボランティア活動参加時での着用が多いようです。

no.3

イベントを盛り上げる限定Tシャツ

アーティストのライブやウォーキングイベントなどで、オリジナルプリントのTシャツを配布することも少なくありません。こういった用途での発注は大手イベントの場合が多いですが、最近はオリジナルTシャツのコストも低くなったことから、アマチュアバンドなども利用する場合が増えています。

no.4

販売用オリジナルデザインTシャツ

イラストを書いたり、写真を撮ったりしている方の間では、自分の作品をプリントしたTシャツを制作して販売している方も多いようです。また、オリジナルTシャツ制作業者の中には、制作だけでなく販売まで請け負ってくれる業者もあります。

no.5

個人で楽しむオンリーワンTシャツ

最近増えているのが、個人で着用するためにオリジナルTシャツ制作している方です。こちらは大量発注に比べて1枚あたりの費用が高くなるものの、他にはない「オンリーワン」のTシャツを作れることから多くの方に注目されています。

個性あるTシャツを

一般的となったオリジナルTシャツ

ネットの普及に合わせて、オリジナルのTシャツを制作することも簡単な時代となりました。専門の制作業者に依頼し、地の色と自分オリジナルのデザインか業者の用意したテンプレートを指定することで、オリジナルのTシャツを作ることが可能となっています。

有名ブランドのTシャツも使用可能

オリジナルTシャツの場合、ベースとなるTシャツは無名ブランドの安いものを使用する場合が多いです。しかし制作する業者によっては、ギルダンなどの海外ブランドのTシャツをベースにして、オリジナルTシャツを制作することが可能です。

Tシャツ以外にも制作することが出来ます

オリジナルTシャツとはオリジナルのカラーリングやプリントを施したものですが、業者によってはTシャツだけでなくオリジナルのパーカーやスポーツウェアを制作している場合もあります。Tシャツ以外でオリジナルの衣服が欲しい場合には、こういった他の衣服が無いか確認しておくと良いでしょう。

オリジナルTシャツを発注する方法

オリジナルのTシャツの制作を依頼する方法は、大きく分けて2つあります。一般的にはネット注文ですが、業者によっては店舗を設けており、そちらに出向いて直接依頼することも可能でしょう。ただし、店頭での依頼の場合は予め使用するデザインデータなどを持っていくと安心です。

広告募集中